株式会社シバタインテック
お問い合わせ
サイトマップ

採用条件

募集職種 営業職、営業支援職
勤務時間

毎月の初日及び毎週初め 8:30~17:30 その他の日 9:00~18:00 棚卸日 9:00~14:00

勤務地

仙台市、山形市、酒田市、鶴岡市、郡山市

福利厚生

社会保険加入、退職金制度、各種表彰制度、永年勤続 表彰制度、財形貯蓄制度、定期健診、海外研修、共済 会制度、(慶弔見舞金)、社員旅行、各種サークル(野 球・サッカー・ゴルフ・フットサル)

休日休暇

完全週休2日制(土日) 誕生日休日、祝日、年末年始、夏季休日 ※年2回土曜日は、棚卸の為、出勤となります

業務内容

営業

本社 メディカル事業統括本部 メディカル事業部1部

2007年入社 / 課長 上野 哲也

医療機器、手術器具、医療材料をメインに営業活動を行っています。ご注文をいただくまでのプロセスは、病院スタッフとの関係づくりからスタート。医師やコメディカル、看護師との打ち合わせを重ね、医療業界のプロとして最適なご提案を差し上げます。常日頃から各病院をまわり、院内環境を熟知し、信頼される営業マンとなるべく奮闘しています。

「病院に住んでいるの?」と言われるくらい(笑)

将来の展望

技術の進化によって外科手術が減少するかもしれない将来に向けて、介護ロボットやAIによる次の戦略実現にむけ、活動の幅を広げています。

ある1日の活動

9:00

出社

9:30

朝のミーティング後、出発

10:00

大学病院にて、解剖実習の立ち会い

使用機器・材料のセッティングから始まり、新しい機器の使い方等を医師に説明しながら実習のお手伝いをします。

※通常日は3~5件の病院を訪問し、営業活動を行っています。

17:00

会社へ帰社

見積書や提案書の作成、お客様からのお問い合わせに対する資料を作り、明日の準備を整え帰宅

営業

本社 メディカル事業統括本部 メディカル事業部1部

2017年入社 / 佐藤 韻

 東北大学病院内にて、ドクターへ新商品のPRや、看護師に不足品のヒアリングを行いながら営業活動を行っています。私が受け持つ業務は、病院内の材料部に足を運び、医療材料に不足が無いか、医療機器に故障は無いか、故障がある場合は修理依頼をお受けします。その中で、ドクターや看護師、コメディカルの意向をお聞きし、現場スタッフと一緒に働きやすい環境づくりのお手伝いをしています。病院スタッフとのお話を通じて、今何が求められているのかを敏感に感じ取り、できることから改善し、よりいいものをご提案することで信頼を築き上げていきたいです。

入社してわかった営業の仕事とは

 初めに思い描いていた営業職とは、商品紹介の営業をかけ、商品を売るだけが仕事だと思っていました。しかし、物を売ることにこだわるのではなく、お客様、病院様の状況を考え、理解して行動に移すことが重要なのだと考えられるようになりました。お客様の中にはどうしても物売りの営業マンという意識をお持ちの方もいると思います。そこは、お客様のお話を聞くことからはじめ、お気持ちに添ったご提案をし続けることで頼られる存在に変化していければと考えています。

ある1日の活動

8:45

出社後、メールチェック

10:00

お客様へお届けする商品をロジスティックセンターで受け取り、病院へ出発

11:00

依頼主へ商品をお届けし、その後は病棟へ移り、看護師さんに不足品がないかのヒアリングと困りごとがないか話を聞いてまわります。

12:00

休憩

13:00

病院内の洗浄部へ向かい、手術に必要な機器セットの充足度を確認し、不足があれば次回お届け分としてカウントします。他にも、修理品の回収など、時間を気にしながら動き回る作業が続きます。

16:00

医局でドクターと打ち合わせ

17:30

修理依頼品をメンテナンスセンターへ持ち込み、修理内容の状況説明をして修理依頼をかけます。その後、会社へ帰社し、お客様からのお問い合わせに対しての資料作成を済ませ、帰宅。

営業

山形支店 ライフサイエンス事業本部 環境・分析事業部

2001年入社 / 副課長 影山 貴昭

 大学、官公庁、民間企業などの研究分野へ、研究に使用する分析機器、分析装置、消耗品、試薬など、実験室で用いる様々なものをご提案しています。これまでは分子生物学分野が中心でしたが、新たな分野として環境分析分野を担当しています。先生たちの研究が新聞やテレビなどで報じられたとき、物品の販売を通じてのお付き合いではありますが、社会貢献の一端を担っていることにうれしさを感じつつ、誇らしい気持ちでいっぱいになります。その喜びを家族と分かち合いたいのですが、専門用語が飛び交う分野のため、中々理解してもらえず、はがゆい思いをすることも度々です(笑)

それでも優しく聞いてくれる妻にはいつも感謝しています。

大切にしていること

 「お客様の喜びを自分の喜びに、チームメンバーの悩みを自分の課題に」これに共感できる仲間と仕事ができることが誇りです。常に進化するバイオや理化学分野の商品を扱いますので、強い好奇心を持って仕事に臨む事が重要だと思います。そうすることで楽しく仕事に取り組めると感じています。

ある1日の活動

8:45

出社

先生からのご要望に対し、必要となる機器や物品の調査、情報収集など、調べ物は際限なく時間のかかる作業となります。調べ物は集中して行うため、気がつくと数時間経過していることもしばしば。また、納入した機器の緊急対応で現場に急行する事もあります。

13:00

山形大学工学部へ

先生方との面談。お問い合わせ内容の報告や新製品の紹介・キャンペーン紹介などの営業活動

17:00

会社へ帰社  

メールでのお問い合わせに対する返信対応を済ませ、明日の準備を整え、帰宅

支援

ロジスティックセンター 価値創造事業部 流通推進チーム

2015年入社 / 浅沼 ちづる

 私の部署は、ロジスティックセンターにて、商品の入荷から出荷、在庫管理などを担当する部署です。その中でも仕入業務をメインに担当しています。具体的には、商品の入荷作業をサポートし、商品の仕入計上や納品書のファイリングなど、数多くの商品管理・伝票管理を行っています。連休前は商品発注が多くなるため、入荷処理の〆時間である15時まで気が抜けず、時間に追われる緊張感があります。ただ、毎日初めて見る商品が必ず1つはあり、その発見は密かな楽しみとなっています。

今後の目標

 入社して2年、担当する業務は後輩へ教えられるレベルになりました。今後の課題は、人の特性は様々なので、それぞれに合った教え方をすることでその人の個性を引き出せればと思っています。最近は他部署の業務にも興味が湧いてきました。お客様と接する業務が多くあるカスタマーサポート事業部が気になっています。

ある1日の活動

8:50

出社後、朝礼

9:00

前日入荷した商品の仕入計上

10:00

倉庫内で入荷業務をサポート

入荷した商品は、ハンディーターミナルという小型の機械で商品に付いているバーコードを読みとり、素早く入荷のチェックが出来るようになっています。ですが中には大型のもの、またはバーコードがない商品もある為、手入力で入荷チェックを行います。

15:00

各メーカーへの返品処理

※誤入荷・商品違いなどがあるため

16:00

Web発注

17:00

各伝票のファイリング業務

18:00

定時帰社

会社説明・応募をご希望の場合は、こちらのエントリーから!

  • 新卒採用エントリー
  • 中途採用エントリー